くろたん-オカルト・都市伝説まとめ-

JR北陸線:線路内に人影!?

16 名前:本当にあった怖い名無し
JR北陸線:線路内に人影!?
新快速「ドン」異変なし
「いったい何が?」 /滋賀

◇JR北陸線虎姫-長浜間 17日夕、長浜市内のJR北陸線虎姫-長浜間で新快速電車が非常ブレーキを かけて停車した。
運転士が「線路内に人影を認めた」ためだが、現場に人はいな かった。
電車にも線路にも異変は見つからず、関係者は「いったい何があったの か?」と首をひねっている。

JR西日本によると、17日午後4時27分ごろ、近江塩津発播州赤穂行き新 快速(4両)が虎姫駅を発車して1キロ余り南の姉川を渡り、時速約100キロ で長浜へ向けて走行中に「人影」を発見し、長沢踏切を過ぎたあたりで停車し た。
運転士(27)は「線路左側に男性らしい40~50歳くらいの人が立って いた。
非常ブレーキをかけたが間に合わず、電車の左前角付近にぶつかり、ドン という音がした」と申告。
ぶつかった時、速度は落ちていたとみられるという。
湖北地域消防本部(長浜市)から救急車が出動したが負傷者はいなかった。
長 浜署が車体や線路などを調べたが、へこみや血痕などぶつかったような跡はなかった。

約80人の乗客を乗せた電車は約1時後に発車した。
周囲は水田や草地 が広がる田園地帯。
JRと長浜署、消防から計27人が出て18日朝、改めて一 帯を調べ直したが、異変の痕跡はなかった。
長浜署は、痕跡がない以上、調べようがないといい、JRは「何が起きたのか 分からない。珍しい事態だ」と不思議がっている。

これは4年前の話なんだけど・・・。

1 名前:無名(`・ω・´)
誰か聞いてくれ。
これは4年前の話なんだけど・・・。

5 名前:無名(`・ω・´)
当時小学校4年生だった私は、走るのが苦手だった。
その時期は丁度、小学校で「マラソン大会」があって、
休み時間になればいつもはしらされていた。

7 名前:無名(`・ω・´)
で、100周分のマスが書いてあるカードがあって、それは1周するごとに色をぬるっていう
感じのカードだった。

走るのが嫌いな私は、マラソン大会が間近になってもそのカードを終わらせることができず、
同じくおわりそうもない人は全員、放課後に残されて走らされていた。

8 名前:無名(`・ω・´)
で、ようやく100周分が終わったある日。
当時は学校に携帯を持って行ってもよかったのだが・・・
教室に戻り、学校を出て携帯を開いてみると、
「着信1件」
それはお母さんからだった。

10 名前:無名(`・ω・´)
習い事とかの連絡用だった携帯に、学校にいる間着信がくるなんておかしい事だった。
わたしはすぐに折り返し発信をした。

私「もしもし、お母さん?」
母「なにやってんのS?(私)」


13 名前:無名(`・ω・´)
私「は? えっと、走らされてた^p^」
母「え・・・ ってことはまだ家に帰ってきてないんだよね?」
私「え、うん。てか学校出たばっかだし」
母「・・・。」

なんとなくおかしかった

16 名前:無名(`・ω・´)
私「で?なんで電話してきたの?」
母「だってS、さっき家の近くの空き地まできてたでしょ??」
私「・・・は?」
母「ふざけてる・・・?」
私「はw普通に学校の前だけどw」

18 名前:無名(`・ω・´)
ちなみに家から空き地までは70Mくらい直線上の道路。

母「さっきね・・・」

母の証言を元にまとめると↓↓
電話をかける5分程前、
私の弟2人と近所の女の子2人が家の前で遊んでいて、
母はそれを見守っていた。

すると、急にヘリコプターの音が聞こえてきて、それが5秒でなりやんだらしい。


20 名前:無名(`・ω・´)
で、その音のすぐ後に
「あ~!!K!!(弟)おねえちゃん学校終わったよ!」
っていう私の声が聞こえてきたらしい。

それだけなら、私も
「誰か真似したんじゃね?」
とか思ったのだが、どうも具合が合わない。

21 名前:無名(`・ω・´)
Kは、私の姿を見ている。
電話越しに教えてもらった「Kが見た私」は、
黄緑と白のチュニック、赤いランドセル、プールバックを手持ち。

まさにその時の私はその格好だった。
弟は幼稚園で起きる時間が違うし、その日は一回も朝からお互い見ていなかった。

22 名前:無名(`・ω・´)
私は理解不能で、とりあえず家に帰った。
友達が知っているのはここまでの話。
それだけならまだ、奇妙な話ってことで終わるんだけど。
まだ続きがある・・・。

26 名前:無名(`・ω・´)
そのまま帰路につき、例の家の近くの空き地を通った途端。ヘリコプターの音が聞こえてきた。
その音を聞いている間、目の前が霞んでた。

29 名前:無名(`・ω・´)
で、知らないうちに家の前にいた。
は?私自分で歩いてないよなぁ?
とか思いながら、まぁ頭がおかしかったんだと思って
普通に家に入った。


なんかおかしい

32 名前:無名(`・ω・´)
なんか、微妙な感じで斜めってる。
でもって、音も何一つ聞こえない。
自分が喋った声も、
動いた音も、
なにもかも全部。

で、極端に怖くなって、お母さんを探した。
でも、いなかった

35 名前:無名(`・ω・´)
さっきまで電話してたし、明らかにおかしいんだけど、もう頭がテンパって理解できなかった。
とにかく知ってる人のところに行こうと、一番家が近い友達のところに向かった。

で、その友達の家に行くにも空き地を通るんだけど、
そこでまた視界が霞んだ。

例によって 家に戻っていた

38 名前:無名(`・ω・´)
で、もうほんとにわけわかんなくなって泣いてた。
その時、急にまたヘリコプターの音が聞こえてきた。
気づくと、1人の人が近づいてきていた。
軍人みたいな制服(カーキっぽい色のやつ)を来てて、
髪は坊主に近い感じ

41 名前:無名(`・ω・´)
そんでその人が話しかけてきたんだけど、意味不明な語源をしゃべってた。
とにかく、日本人じゃなかった。

で、こっちも
「え?え・・・?え、何・・・」

みたいな事を繰り返ししゃべってたら
その軍人みたいな人が急に首をかしげて戻っていった。

47 名前:無名(`・ω・´)
その軍人が戻って行ったあとに、違う人が来た。今度は女だった。

その人はちゃんと日本語をしゃべっていて、
「どうしたの? ここ家? 具材器具は?」
みたいな事をしゃべってたと思う。
具材器具だか 器械なんだか そこらへんは覚えていない

48 名前:無名(`・ω・´)
で、その女の人が私を拉致(?)していって、その人と手をつないでいるあいだは空き地も普通に通れた。

向かった先は、変な倉庫(?)みたいな場所で、今まで見たことなかった。

49 名前:無名(`・ω・´)
そこの倉庫の前に座らされて、
女の人に質問攻めにあった。
「どうしてこうなったの?」
「なんか変なことがおきたりしたの?」
とか。

そこまでにあったことを全部話した時、女の人が

「えっ。。。またそのパターンかぁ・・・」

とか言ってた。

「西日本じゃないのに珍しい」

とかも言ってた。

52 名前:無名(`・ω・´)
で、そのまままた空き地の方に戻らされて、

女「これからは、こんなことがないと思うけど。。。穴は塞ぐ予定だから、安心して。
この場所は○△◇*(何言ってるか不明)と同じような場所だから、あなたの親とかも無事だから」

それだけ言われて、5分くらい沈黙が続いた


54 名前:無名(`・ω・´)
すると、戻っていったあの坊主さんがまたやってきて、
女の人に今度は日本語でなんか話してた。

日本語じゃなかったさっきのは何なんだとかおもってたけどw

女が急に
「じゃあ、元にいこうか、Sちゃん!」

って、なんか名前知られてるし・・・

そして家の前に連れてこられて

「これで大丈夫だから」

って。女はそのまま空き地の方に消えてった。

とりあえず家に入ってみると

今度は普通だった。斜めでもなんでもなかった。
音も普通に聞こえた。

55 名前:無名(`・ω・´)
親も、弟も、部屋の中にいた。
もう、嬉しくて嬉しくて泣き叫んでた。

怖かったのもふっとび、今では
「なんだったんだwwww」
くらいの話。

もっと怖いのは
つい最近あの坊主が夢にでてきて

「助けろ」

って言ったこと

闇子さんの噂

143 名前:本当にあった怖い名無し
闇子さんの噂

貴方は暗闇から視線を感じた事はありませんか?

灯りが照らさぬ暗闇と言うものはどこか何とも言えぬ不気味さが漂っています。

何も見えない、感じ取れない、と言う不安感から暗闇からは妙な憶測を漂わせ恐怖を駆り立てるものです
それと言うのは気のせいではなく"闇子さん"の仕業なのです。

"闇子さん"と言うのはいつも暗闇に隠れ貴方を覗いています。

しかし普段"闇子さん"に出逢う機会と言うのはありません。

彼女と言うのは明かりの無い場所を好みます。

真っ暗闇の中になった瞬間"闇子さん"に出逢える事でしょう。
しかし"闇子さん"は真っ黒なシルエットに覆われ何者かはっきりしません。

その時夜目の状態で顔にティッシュを押し当てて下さい。

"闇子さん"の真の姿を拝む事が出来ます。
しかし"闇子さん"は顔を見られることを嫌います。

もし、"闇子さん"の顔を見たのならば、貴方は暗闇の中に引きずり込まれ永遠にこの世に戻っては来れなくなるか、身体の一部を持って行かれるかのいずれかでしょう。

ロールスロイス

130 名前:本当にあった怖い名無し
 
ロールスロイスが故障する
ロールスロイス社に連絡
新しいロールスロイスが到着
しかし代金の請求等がないから不審に思い、自らロールスロイス社に再連絡
ロールスロイス社「そのような事実はありません」
連絡者「絶対に故障したし、新しいロールスロイスを届けてもらった!」
ロールスロイス社「ロールスロイスは故障しません(ニヤリ」

車の寿命について

57 名前:本当にあった怖い名無し

車の寿命について

一昔前までは10万キロも走るにはかなりの手入れが必要で
それまでに何かしらガタが来てしまうのが普通でした。

やれTベルトだのブレーキだのと、修理より買い替えを
選んだ経験のある方も多いかと思います

58 名前:本当にあった怖い名無し
しかし最近の車は、10万キロ程度であればまず問題なく走ります

買い替えや修理する必要が無くなってしまったのですから、
企業が収入を維持するには従来より高い利益の出る車を
作らねばなりません。

59 名前:本当にあった怖い名無し
ですが、技術の進歩は利益の増加を上回る速度で
進んでおり、新技術を用いようにも既存の施設の大改装には
莫大な費用と手間がかかる為、反映は小規模にならざるを得ず
ソフトとハードの差は開いてゆく一方です

60 名前:本当にあった怖い名無し
そこで以前はTベルトでしたが、現在はハイブリッドが使われています

ハイブリッド車に搭載されている電池が、交換に数十万円
かかる事はまだあまり周知されていません。この電池の寿命が
約三年、十万キロ程度で訪れるように設計されているのです
そこで修理か買い替えをさせよう、という仕組みです

61 名前:本当にあった怖い名無し
電池の耐用年数は今後増加するでしょうが、その頃には完全な
電気自動車を作れる電池になっているでしょうし、それもまた
三年程度の寿命ですので、未来永劫「三年以上壊れない車」が
完成することはありません。ドラえもんやタイムマシンの方が
完成は早いはずです。

62 名前本当にあった怖い名無し
「100万キロ走る車」なんて完全に自殺行為ですし
「鉄板より軽量強靭な新素材」もお断りです
簡単に壊れてくれないと商売になりません。
「切れないランプ」など作ればランプ屋整備工場が倒産するだけです
広告
最新コメント
QRコード
QRコード
楽天
記事検索
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ