くろたん-オカルト・都市伝説まとめ-

都市伝説

【怖い話】覗き屋トムの謎

72
高級チョコレートで有名なゴディバ。
そのロゴマークには、裸体で馬にまたがった女性が描かれている。

彼女こそが、領主の妻であったゴダイヴァ夫人である。
彼女の夫は、領民への理不尽な圧政を行っており、人ばかりか馬にまで税金を課していたという。
夫の悪政に苦しむ領民を知った夫人は、夫に馬税を撤廃するように迫った。
領主である夫は、夫人に対して「そなたが次の日曜日、全裸で馬にまたがり町を一回りすることができれば考え直そう」と提案した。
慎み深い夫人がそのような辱めに耐えうることができないと思っての提案だった。
しかし夫人の決意は固く、それを知った役人たちは領主に知られぬように、
町中にその日は固く戸締りをするようにとの御触れをだした。そして当日、全裸になった夫人は馬にまたがり、二人の騎士役の侍女を連れて町中を巡った。
町人たちは夫人の意思に感服し、皆固く戸を閉ざしだれも覗き見るものはいなかった。

ただ一人、仕立て屋のトムを覗いては。

密かに夫人を覗き見ていたトムの結末は哀れだ。夫人を一目見た瞬間、たちまちのうちに天罰が下り失明してしまったという。
また別の話では、うっかりとそのことを他人にしゃっべってしまい、町中の住人によってたかって目を潰されてしまったという。
さて、この覗き屋トムについて、別の話が有る。男はもともと盲目であったというのだ。
盲目がゆえに、覗き見ることなど思いもつかず、うっかりと戸を閉め忘れたという。それを騎士が見とがめただけだという話だが、後年、若者に道徳を教えるために、このかわいそうな盲人は、トムと言う名前を付けられて、のぞき見の天罰を受け盲目になったことにされてしまい、一つの寓話が作られたという。
それが証拠にトムという名前は、アングロサクソンには無い名前で、ゴディバ夫人の時代には存在しないものであるという。

なお現在でも、欧州では増税反対のデモに際しては、ゴディバ夫人をならい肌色の服をまとった女性が
馬にまたがり抗議をすることがしばしば見受けられるという。
また、かの地では1678年からゴディバ夫人の行進の行事が行われており、
当初は、男の娘が肌をあらわにしてゴディバ夫人役を務めていたという。

【怖い話】マンドラゴラ

71
魔術や錬金術の原料として珍重される植物。
絞首刑になった男の精液から生じるという言い伝えがある。

人の体のような根がその本体であり、引き抜くときにこの世のものとは思えないような悲鳴を上げるとされ、この悲鳴を聞いたものは発狂して死んでしまうという伝説がある。
このため、マンドラゴラを採取する際には、注意深く値を掘り、人が遠くに離れてから、
犬に引っぱらせて引っこ抜くという手間をかけるという方法が取られる。
その手法はこうだ。マンドラゴラに犬を結び付けて人は遠くに離れる。そして十分な距離を取ったのちに大声で犬を呼ぶ。
犬が人の方へ駆け寄ろうとする勢いで、マンドラゴラは悲鳴を上げながら抜ける。
当然、この声を聴くことになる犬は発狂して死んでしまう。
市場では、その時に死んだ犬の死体を本物の証明としてマンドラゴラの証明として、一緒に取引される。
十分に成熟したマンドラゴラは、自ら地面から這いだし、自らの先端の根っこを足のように使い徘徊すると言われる。
その姿はコボルトやごプリンに似ていると言われる。

地中海地域から中国西部にかけてに自生する植物であるマンドレイクが、マンドラゴラのもとになったと言われているが、
このマンドレイクも人の体のように枝分かれする根を持ち、その根には幻覚、幻聴を伴い時には死に至る神経毒を持っている。

【怖い話】【Taman Shud事件】

69
 オーストラリアでは史上最も不可解な未解決事件の一つとされる。

1948年12月1日にオーストラリアの海岸で身元不明の男性の遺体ず発見された。
夏の暑さにもかかわらずセーターとコートを身につけていた、この奇妙な死体は、
身元を表すようなものは一切持ち合わせておらず、
捜査機関が歯科治療記録や指紋などを調べたのだが、身元を特定するに至らなかった。

ただ近くの駅で、この男性のものと思われるスーツケースが見つかり、
そこには隠しポケットのあるズボンが収められていたという。
警察が、この隠しポケットを調べ、中から、本から破りとられた「Taman Shud」と書かれたページが発見された。
この隠されたページを調べていくと、付近で発見された鍵のかかっていない自動車の
後部座席に置かれていた「ルバイヤート」の希少本から破られたものだという事が判明した。
そして、人々の興味を惹いたのが、その本の裏表紙には何らかの暗号とおぼしき文字列であった。

WRGOABABD
MLIAOI
WTBIMPANETP
MLIABOAIAQC
ITTMTSAMSTGAB

この男は何らかの組織に関係するスパイだったのだろうか。
しかし何故、希少本のページを切り取りポケットに隠したのだろうか。
全ての謎を解くキーとなるはずの暗号は、今日になるまで、誰にも解かれていない。

【怖い話】聖ヨゼフの階段

68
サンタフェにあるロレット・チャペルは、建築家 P.ムーリーによってが設計されて1873年から工事が始まった。
しかし構築物がほとんど完成されてから一つの恐るべき誤りが発見された。

せっかく作られた聖歌隊用の二階の桟敷へ行く階段が無いのである。
困ったシスターたちは、多くの大工を呼び相談したが、皆、これに、ふさわしい階段できない。
バルコニーを作り直すか、ハシゴで登るかだというダケだった。
途方に暮れたシスターたちはノヴェナ[九日間の祈り]をすることにしたという。
そしてノヴェナの最後の日に一人の灰色の髪の毛の男が一匹のロバを連れやってきた。
その老人は一つの道具箱を持ってアカデミーの所で止まり、シスターたちのために
一つの階段を建設することができるかどうかを尋ねた。
シスター達は喜んで同意すると、彼はシスターたちの前で木片をタライにつけて作業を開始した。
用いた道具は一本の鋸、T定規それに金槌だけ。
出来上がった階段は33段、完全に360度を2回転するらせん状。
木の釘は使われているが、鉄の釘は一本も使われていない。そして驚くことに、
螺旋階段を支えるはずの支柱がなく、まるで宙に浮いているようにみえる。
この支柱の無い現在の科学を持ってしても建築工学上の謎であり奇跡といわれている。

そして階段が完成すると、その男の人は支払いを受ける前に不思議にも姿を消してしまったという。
なお、地方の材木工場は、この事業のために購入されたいかなる木材の記録も持っていなかったという。

【怖い話】 犬神

67
人にとり憑く犬の霊。非常に強力な力をもつとされる。この犬神を操るものを「犬神使い」という。

犬神は、しばしば人工的に作られると言われ、その作法がいくつか伝わっている。
代表的なものは、大層かわいがって育てた犬を首が出るように生きた犬を地面に埋め、
ちょうど届かない犬の目の前に犬の好物を置き食べ物を前にして飢えさせる。肉類など臭いがあるものがよいとされる。
そして飢餓状態が最大になった頃愛を見計らって背後から犬の首を斬り落とす。
犬の首は飛んで食いものに喰らいつこうとするが、そこをとり押さえ、白布に包み四辻に埋める。
大勢の人の踏ませ、掘り出したのち呪物として祀り犬神を完成させる。

また西日本を中心に四国を中心に犬神筋と呼ばれる犬神を代々受け継いでいる家系があり、
かつては忌み嫌われた。その娘の嫁ぐと、犬神が一緒に憑いていき、
そこも犬神筋の犬神持ちとなると言われて、かつては婚姻差別の元凶となる場合もあった。
犬神持ちの家は富み栄えるとされている場合もあるが、従順ではなく時として
犬神持ちの家族をかみ殺すこともあると伝えられ、タタリガミとして忌み嫌われる場合もある。


犬神に憑かれると、胸の痛み、足や手の痛みを訴え、急に肩をゆすったり、
犬のように吠えたりすると言われる。人間の耳から体内の内臓に侵入し、
憑かれた者は嫉妬深い性格になったり、時には恐ろしく大食いになるという。
犬神を離すには、獣の黒焼きを食べさせ、山伏姿の祈祷師に護摩を焚いてもらい
呪文を唱えれば犬神は離れるという。犬神使いはこれを阻止しようとする。

広告
最新コメント
QRコード
QRコード
楽天
記事検索
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ